*

格安SIMを使って月々のスマホ利用料を半額以下にする方法

      2014/07/16

MVNOとは何か

ダウンロード

現在、携帯電話及びスマートホンの普及率は90%以上あります。もちろん人口のほとんどが携帯電話を所有しているのではなく2台3台と所有している人がいるからですが。しかし、小学生からご老人まで携帯電話が普及しているのは事実で毎月高額な料金を払っている人も多くなります。

実際、僕も携帯料金は月々1万円ほど支払っていました。携帯料金の半分を占めるのが通信料金です。ネットを利用するために定額プランに加入すると6000円ほど掛かります。しかし定額プランに入らなければスマホを持っている意味も無いので仕方なく思っていました。

ちなみに今の携帯料金は月々6000円ほどです。その中に携帯本体の分割代や有料会員の料金も含まれているので実際はもっと安いです。

キャプチャ

どうしてここまで安くなるのか、秘密はMVNOにあります。

MVNOとはOCNモバイルなどが提供しているスマホ向けの格安プランのことを指します。月々の使用料金が1000円~2000円ほどでキャリアの利用料金より圧倒的に安いです。

 

 

MVNOのメリット

何と言っても料金が安いということです。僕が利用しているOCNモバイルの利用料金は月額1000円以下です。キャリアで利用すると5000円以上掛かるので4000円近い節約になります。たった4000円ですが一年で4万8000円の節約になります。

使用するスマホはSIMフリー機になるのでキャリアに縛られることなく自分の好きな機種を選ぶことが可能です。僕の場合は海外から日本では発売されていないエクスペリアSPという機種を輸入して使用していますが、不具合はありません。

SIMフリーの機種以外でもドコモから販売されている機種であれば格安SIMで利用することが可能です。

データ通信に制限はありますが基本的に家に居るときはWiFiを通すようにしています。これでスマホからの通信ではなく自宅の回線からの通信になるのでデータ使用をしていることにはなりません。制限は1GBで掛かりますが今月の利用は500MBにも達していないので1日で1GBに達することは無いでしょう。

MVNOのデメリット

一番のデメリットは今までの電話番号が使えなくなります。さまざまなところに登録した電話番号や友人に新しい電話番号を教える必要があります。僕は面倒だったのでauでガラケーを一台契約しています。通話専用なので料金はほとんど掛かりません。電話を掛ける相手が居ませんから。

もうひとつ、LINEの年齢認証ができませんでした。これに関しては対応策は今のところありません。MVNOはドコモの回線をレンタルしてサービスを提供しているので、年齢認証をしようとするとドコモのログイン画面に切り替わるのですがドコモで契約はしていないのでログインができません。

ドコモで契約していればIDとパスワードを入力して認証できるかもしれませんが。

ちなみに僕はガラケー用に残しておいたSIMカードを挿してauにログインして年齢認証を行いました。MVNOのスマホのみだと不可能みたいです。

 

こうしてみると大きなデメリットは見当たりません。この格安SIMはスマホ以外でもタブレット端末などで利用できるので活用できる道は多そうです。

 

 

NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE マイクロSIMパッケージ T0003670 NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE マイクロSIMパッケージ T0003670NTTコミュニケーションズ
売り上げランキング : 43Amazonで詳しく見る

 

 -日常, ,

ad

  関連記事

旅行や仕事で頻繁にホテルを予約する人必見!!おすすめの宿情報サイトと活用方法

正式に梅雨明けが発表され、夏本番を迎えた7月の終わり。夏休みなどで遠出をする人も多いかと思います。日

格安ホテルって大丈夫?メリットとデメリットを比較してみた

格安ホテルの実態 僕は大阪に2泊以上する場合、格安ホテルを利用します。ほとんどのホテルが1泊3000

高速バスってどうなの?格安バスを利用してみた

お盆休みも終わり、次の長期休暇は年末年始となりました。 長期休暇で実家に帰ったり旅行したりする人も多

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ad