*

人気ロックバンドのUVERworld3枚目のアルバム、PROGLUTIONの歌詞が深い

   

PLOGLUTIONはUVERworldの3rdアルバムでタイトルの意味は革命の先駆者。タイトルの通り、今までの楽曲に比べると挑戦的な曲が多く感じられます。特に歌詞の深さはアルバムの中でも1番2番に高いのではないのでしょうか。

Roots

PROGLUTIONのリードトラックで今でもライブの定番曲として人気の高い楽曲であります。ライブでイントロのギターが流れてきた瞬間にテンションが上がります。

歌詞も今までのものよりもメッセージ性が強いものになっていて、愛媛へ学園祭ライブに行った際に出会ったおじいさんとの話が歌詞カードに書いてあります。この話は最新のシングルにも出てくるUVERworldの楽曲に影響を与えた重要なエピソードだと言えるでしょう。

 

brand new ancient

Rootsに続きメッセージ性の強い楽曲になっています。この曲はサウンドよりも歌詞の深さに考えさせられるような感じです。PROGLUTIONという言葉が「革命の先駆者」という意味になっているので、歌詞の中にも先駆者という言葉が登場してきます。

 

浮世CROSSING

最近流行りになった「ありの~ままの~」ですがこの曲のサビでも同じように歌っています。ドラマタイアップとなっていて、働きマンというドラマの主題歌でした。菅野美穂可愛かった。

UVERの中でもカラオケで歌うのが辛い楽曲です。

 

病的希求日記

病み期に聞きたい曲で「しるしを手首に打った」や「感情さえ無くなれと願う夜に」などの考えさせられる歌詞が多いのが特徴です。UVERの特徴として応援的な歌が多い中では珍しい曲だと思います。

 

counting song-H

病的希求日記に比べると歌詞の暗さはありませんが明るい曲ではないでしょう。2ndアルバムまでの率直な歌詞とは違って回りくどい歌詞が多いので人によって解釈が変わってくるのがこのアルバムの特徴です。

counting song-Hも曲の感じは明るいのですが、どちらかと言えば別れの曲のような感じもします。

 

シャカビーチ

UVERの代表曲のひとつでもあります。PVは由比ヶ浜で撮影され、ファンが集められました。PVの撮影にファンが集められることはこの曲を含めて2回しかありません。

またUVERの夏うたとして定番となっています。冬のライブでくるとかなりテンションが上がります。

 

GROOVY GROOVY GROOVY

Timeless以来のライブで盛り上がる曲です。低音の響き渡る感じはライブでしか堪能できません。しかし、ここ最近のライブではあまりセットリストに入ってこないので寂しい気はします。

 

UNKNOWN ORCESTRA

最近はそうでもないですがライブの定番曲でベースソロのある曲です。ライブハウスでこの曲のベースソロを見るとカッコよさに惚れ惚れします。

ライブ定番曲ということで合いの手も存在し、「we will get higher」の後に「ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!」と跳ねるというのがあります。

 

神集め

ファン人気の高い曲でこちらも合いの手が存在します。合いの手というよりは歌詞の繰り返す部分を一緒に歌うという感じです。

「だから終わりじゃないよって」(よって~)みたいな。

制作秘話としてTAKUYAがギリシャ神話などの神話系の物語を読み、神ががり的なことを説明しようとした結果、天照大神にたどり着いたのがこの曲。「愛する者を亡くし、悲しんだ思いも時間が経つにつれて忘れてしまう」というスタッフとの会話が発端で完成した曲です。

 

ENERGY

TAKUYAの趣味のひとつである「人に聞かせられないようなダサい曲をつくる」というところから制作された曲です。今でもたまにライブで演奏され、タオルを回す演出が行われます。

UVERのライブグッズのタオルは若干長いので2回くらい折るのがベストな長さ。

 

endscape

地球へ・・・というアニメの主題歌としてシングル発売された曲です。黒と白を基調としたPVがめちゃめちゃカッコいい。ライブでも歌われないので隠れがちですが「5年先なりたい自分を描いたら、今するべきことが見えるから」という歌詞には背中を押される気持ちになります。

 

心が指す場所と口癖 そして君がついてくる

日本語のタイトルのものでは一番長いタイトルで、TAKUYAの友人カップルをモデルにした曲です。個人的な見解ではありますが、美影意志のモデルになったカップルと同一ではないかと思われます。

 

オトノハ

TAKUYAのソロでアコギ弾き語り曲です。今までMCで話してきた内容を曲にしたものでファンに対するメッセージが強い曲になります。

 

PROGLUTION PROGLUTION
UVERworld

ソニー・ミュージックレコーズ
売り上げランキング : 57901

Amazonで詳しく見る

 -音楽,

ad

  関連記事

最高にカッコいい大凶作というバンドを紹介

最近、インディーズのバンドの中にカッコいいバンドがいないか探し回っています。 今回見つけたのは大凶作

人気ロックバンドUVERworldの2ndアルバムBUGRIGHTを紹介、1stからの進化が凄まじい

今回は2ndアルバムであるBUGRIGHTの紹介です。このあたりまでは初期曲特有の売れる曲を作ってい

UVERworldの7日目の決意という曲のMVが泣ける

ここ最近で2度回、声を出して泣いたことがある。1回目はラブライブ!2期の浜辺での解散宣言をするシーン

グッドモーニングアメリカのたなしんがとんでもない格好とは裏腹にカッコいい

  最近、ふと暇になったときにグッドモーニングアメリカというバンドのPVをいました。以前か

UVERworldライブツアーin長野ビックハットのライブレポート

11/30、UVERworldのライブで長野ビッグハットに行ってきました。初の長野ということで万全の

Uverworld ΦCHOIR TOUR2014-2015 2014.9.2 ZEPP Nagoyaライブレポート

今日は名古屋のZEPPでUVERworldのライブでした。約2か月ぶり、ZEPPでは1年ぶりのライブ

新進気鋭の今をときめくギターロックバンド、ポルカドットスティングレイ

今回紹介するのは福岡を拠点とする、ポルカドットスティングレイというバンドです。   &nb

今キテるガールズバンドはこれだ!BAND-MAIDの魅力

今、邦楽バンドが熱いのはご存知でしょうか。 邦ロックと称されるこの音楽ジャンルはとにかくノリに乗れる

グッドモーニングアメリカのnewアルバムinトーキョーシティのMVがめちゃめちゃカッコいい!

グッドモーニングアメリカ メジャー2ndフルアルバム 「inトーキョーシティ」 ■発売日:2014年

人気ロックバンドUVERworldの1stアルバムTimelessを紹介、初期は良曲揃い

今回はUVERworldが初めて発表したTimelessというアルバムからボーナストラックを除いた1

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ad